密教 三山会 小中一秀


by sanzankai
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

カテゴリ:未分類( 2 )

なぜ自殺者が多いのか・・・
それは悩みから始まります。悩みとは、物質的な悩みと精神的な悩みがあります。
物質的な悩みとは、金銭面・人間関係・家庭環境・病気・老後・看護等があり、精神的な悩みとは、うつ病・ノイローゼ・霊的です。特に精神的悩みにおいては密教において解明し、良い方向へ導くことができます。人間生まれて7歳までの幼児教育がいかに大事であるか、また、家庭内での主人・妻の役割を自覚し、家族の会話がいかに重要か、いくら親子・夫婦でも全て考えは同じではありません。また、職場でも同じことがいえます。
そういう世の中で生きていく為には、いかに自分の生き方に自信を持って方向を定めていないと、悩みに繋がるのです。悩を心に埋めると益々閉ざしてしまい、打ち明けなくなります。自分が何をして生きたらよいのか
全てマイナス志向的な考えになります。今の医学では、精神的治療は薬しかありません。多用すると副作用があり、益々薬に依存するようになります。
私も過去沢山のそのような方を見てきましたが、現在においてこれからも益々増えると思います。
現在においてこれからも悩みを持ってる方は、益々増えると思います。
最近、私しの知人が亡くなりました。人生を一生懸命頑張って働いてこれからというときに、この世を去りました。残念でたまりません。原因はあとでわかりましたが、今となっては手遅れです。なぜ心を開いて打ち明けてくれなかったか、また、人の意見も聞く耳を持たなかったという事が残念です。このようなケースも他の悩みを持ってる人にも言えるのではないかと、つくずく思います。
現在の競争社会・混迷社会において悩みのない人はありません。それを世の中のせいや環境のせいにするのではなく、自分が原点に戻って、素の心で相談できる人を一人でも作っていくことが大事です。
わたくしは、千人の眠れる(心を閉ざしている人)人々よりも、一人でも自分の考えに気づき目覚める人を産み出す為、自分の密教修行・人生修行をおこなっています。人は、この世に生まれてきたのはそれぞれ使命があります。草や木も芽を出し、蕾になり花を咲かせ、散っていきます。
人間は全て仏性があり、生きる知恵を授かっています。それを活用していないのです。それぞれが、育てる・研く力を持っているのです。それが命です。それを気づいてもらいたい。また、気づかせたい一念です。
生かされていることに気づき、良き家庭を築き、良き友をつくり、社会に役に立つ人間になってもらいたいと思います。まず、自分に勇気・自信を持ち努力することです。
まず、元気のない方は、ご連絡ください。
合掌
b0182198_15223287.jpgb0182198_1523873.jpg
[PR]
by sanzankai | 2009-08-21 15:23

初めまして

b0182198_1821481.jpgb0182198_18294510.jpg

ふと私自身も考えることがあります
まだまだ修行が足りないですね…
人生修行とは良い事は進んで行い、悪い事は勇気をもってやめる事。どうしようもない人間宿行の一つ一つの垢(あか)を落としていく事です。
ありがとうと言う言葉が物の大切さを教えてくれるのです。切り株に休んだらお礼を言って立つことだ。常にその心を持ちたいものです。欲を出さず足りる知り、心豊かにして過ごしたいものです。人間が根本であり、心が根本で、心には愛が根本である。まず、自分をみがくことです。幸福は自分が作り出すものです。偉い人にならなくてもいい、立派な人にならなくてもいい、人に迷惑をかけず自分を大切にお役に立つ人になることが大事である。
感動出来る心を持ち続けよう。どんなに貧しくとも心豊かに生きることだろう。経済的・物質的な安心・安全も必要だが、根本的な精神(心)の安定が重要であると思います。こだわるから老・病・死が怖い。こだわらなければ老も死も怖くない。何故なら全ては空だからである。本当の精進・本当の努力とは当たり前の事を当たり前にゆっくりと着実に努力することです。朝に手を合わせ生かされている幸せに感謝し、今日一日を大切に生きてゆこう。
これを続けたらあなたの人生はまちがいなく光輝いてくる。人とのご縁を大切に、ご縁は求めるものではなく、めぐり会うものです。色々思いついたことを語りましたが、機会があれば皆さんと色々な話を語りあいたいですね…
合掌

b0182198_19485184.jpgb0182198_19492368.jpg
[PR]
by sanzankai | 2009-06-12 00:00